FC2ブログ

記事一覧

下総七年祭り⑦子安神社

今回は境内に古墳もあるこちら!子安神社千葉市稲毛区畑町字宮ノ後2093ここも拝殿まで真っ直ぐですねそして綱が三つ 公式では御祭神は一柱彫刻すごい本殿を見たかったのですが見えんかった四苦八苦してこの画像だけ(涙)でも装飾からも主神は女神様ですね以下、本館から引用。御祭神…櫛稲田姫 神紋…中央が月星の九曜 延暦年間(782~806)の創祀。建久4年(1193)千葉常胤が娘の安産祈願をして霊験あらたかであったので社...

続きを読む

下総七年祭り⑥三代王神社

七年祭り関係社も残り僅かです、今回はこちら。三代王神社サンダイオウジンジャ千葉市花見川区武石字三代内ミヨウチ1-4こちらは高台の方にある鳥居大きな鳥居なので車も通れます一方こちらは下にある道沿いの鳥居道の交通量が多くて渡るのも苦労するほどで危ないですしかもこの急傾斜!拝殿縄が三つ・・・また隠されている?本殿も見ーえーなーいーそして氏子さんには小川姓がめちゃ多い神輿庫神社について本館から。御祭神…天種子...

続きを読む

下総七年祭り⑤時平神社

七年祭りの影の主役ともいえる藤原時平。彼について山川出版社の日本史小辞典で調べると、藤原時平 871~909.4.4平安前期の貴族。本院大臣と称する。父は基経。弟に忠平、妹に温子・穏子、子に敦忠らがいる。886年(仁和2)元服の際、光孝天皇が加冠し正五位下の位記も天皇みずから筆をとった。蔵人頭をへて890年(寛平2)従三位、翌年参議、ついで中納言・大納言に昇り、廟堂の首班となる。宇多天皇の譲位後、蔵人所別当・正三位...

続きを読む

下総七年祭り④高津比咩神社

今回はこちらの神社です。高津比咩神社八千代市高津字宮ノ前294 道路に面した鳥居 高津比咩とは? 拝殿の前に行くと突然雅な音楽が流れだすのでビックリしないようにしましょう(←ビックリした人)本殿 また見えぬ以下、本館「総の国回顧録」よりコピペです。『御祭神…多岐都比賣命明応元年(1492)創祀。伝説によると左大臣・藤原時平が菅原道真の怨霊を恐れ当地に移住。奥方と娘・高津姫もこの地で暮らしたといわれ道真の霊...

続きを読む

下総七年祭り③菊田神社

今回は前々回の二宮神社の御手洗池の水が流れてきているという伝承のある、こちらの神社です。菊田神社習志野市津田沼西宮ノ腰3-2-5 市街地にある神社ですが数台止められる駐車場もあります おお~!久々に拝殿まで真っ直ぐ!(感動)こちらも清々しい神社ですね拝殿 こちらの神紋は特殊です菱目結にのぞき菊紋?境内にある御由緒の看板こちらによると『古伝によれば、当神社は久久田大明神と称して、弘仁年間(西暦810年代)今...

続きを読む

下総七年祭り②八王子神社

七年祭り関係神社の中で、一番異色の神社です。八王子神社船橋市古和釜字八王子161 瑞垣が新しい~氏子さん達の名がたくさんあります 階段を登るとむむっ千葉県のスタンダードな神社と様相が違うぞ!ここもFUJIWARA!神紋が下り藤 えええ、こんな拝殿の形式、千葉では初めて!しかも近寄れない(ガーン) でもって女神様だし!(ががーん) こういう本殿の造りも初めて見たなぁ上から見るとT字型なのです なるほどね~この...

続きを読む

下総七年祭り①二宮神社

※なぜだか記事が横に長くなってしまうのが直せないので、 取り合えずテンプレートを変えました。ご迷惑をお掛けします。千葉県には幾つかの神社が合同で行う大規模な祭事が何カ所かあります。 その一つである『下総七年祭り』は9つの神社が合同で行う祭事で、 船橋市・八千代市・千葉市・習志野市に鎮座する神社により協力して 行われています。元々はすべて旧千葉郡に鎮座しておりました。 古くから安産・子育て祈願...

続きを読む

流山の地名由来にもなった赤城神社

流山まで折角来たので長年気になっていたこの神社を訪ねてみました。赤城神社流山市流山字宮下6-649 この太い注連縄は大注連縄行事で有名なようです。入り口あった看板には次のように紹介されています。『赤城神社大しめ縄行事 流山市指定無形民俗文化財第三号 しめ縄は、神前や神聖な区域に懸け渡して内外を分け、不浄をさえぎるものである。 赤城神社の大しめ縄は、十月十九日、二十日(現在は第三土・日曜日)の祭礼に先立...

続きを読む

③大原神社と大原足尼(習志野編)

最後は習志野市の大原神社です。大原大宮神社オオハラオオミヤジンジャ習志野市実籾字葉抜1-30-1 神紋は左三つ巴ですね。おっ幣束が4本だ! 当神社は二つの神社が合併した神社となっています。その経緯は看板にも記載があります。『大原大宮神社縁起この神社は、伊勢神宮御祭神の天照大御神の親 イザナギ大宮父 イザナミ大原母 の二神が祀られている。天治元年(1124)実籾本郷に創立され、門前を通じる徳川家康公の御成街...

続きを読む

②大原神社と大原足尼(流山編)

大原神社調査№2はこちらです。大原神社ダイバラジンジャ流山市平和台4-1650-1 当地は旧住所だと流山町西平井字大原となります。字名が「大原」ということは、かなり古くから鎮座していたと思うのですが、神社の入口にあった看板には下記の通り。 『大原神社だいばらじんじゃ江戸時代初期創建の旧西平井村の氏神。祭神は大原権現。明治42年(1909)七郎神社を合祀。境内には青面金剛像が刻まれた庚申塔などの石造物や保存...

続きを読む

プロフィール

ミツネ

Author:ミツネ
千葉県に残っている伝承・神社・古墳は調べれば調べるほど迷宮に。
点と点を結べないかと奮闘中。

*ご案内*
百嶋神社考古学にご興味のある方は↓リンク◆百嶋神代史研究会の「ひぼろぎ逍遥」古川さん、「常陸国ふしぎ探検隊」河野さんのブログをご訪問ください。

検索フォーム